構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2008年12月29日 (月) | 編集 |
すこし昔 2002年頃 
岡山県備前市のとある田んぼ。

ある食品メーカーとの契約栽培のため
さし木用の親株として数種類のラベンダーが
約3000本栽培されていた。


フェアリー

時はガーデニングブーム真っ盛りのころ
ホームセンター、園芸店には
毎年新しい花苗が登場し、誰もがそれを買っていた。


ラバンジン

当時はラベンダーでさえ
日本の気候でふつうに育てられると思われていた

そして私もそうだろうと思っていた。

エンジェル

そして
2003年と2004年に大きな台風がやってきた。


田んぼのラバンジン

強風で根が引きちぎられて株が浮き上がり
イングリッシュラベンダーが枯れた。

大雨が何週間も田んぼにたまり
ラバンジンとストエカスラベンダーも枯れた。


2ストエカス

3ストエカス

ストエカス3

ストエカス4
田んぼのラベンダー10
クリックすると大きくなります。

ラベンダーは台風に弱い。
ここでは毎年台風がやってくる。

そしてこれらを植え直すことなくガーデニングブームが去り
契約栽培も2年後に打ち切りとなった。


備前3

やはり暖地でラベンダーを育てるのはむずかしいのだろうか。
特にイングリッシュラベンダーはむずかしいのだろうか。


これがこのお話の動機です。

とりあえずここでは台風を防げない。
台風の風を防ぐ場所はどこか。
当時の私はその場所をひとつだけ知っていました。


つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック