構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年10月13日 (火) | 編集 |
まぁそういうわけで
春先の土壌改良は大変なことになるのであります。

あーっ、いやいや
大変なことになるのはラベンダーを植えた場合で

野菜やほかの草花を植えるには
たい肥をどーんは
普通のことでございます。


ローズマリーなんかには
よい方法ですわねぇ。

ローズマリー

めんどくさいことはまだあります。

春先に田んぼにたい肥を入れて
トラクターでうりゃーっと耕すと

それはそれはみごとに草が茂ります。

めんどくさい話のその三は
「草に肥料をやっとるんか」
というくらい草ぼうぼうとなることです。


草が生える

ということで
四国、中国地方のような暖地で春先に

石灰とたい肥を田んぼに入れて耕すと

水はけが非常に悪くなって
いらんチッソが効きまくり

草ぼうぼうになって
ラベンダーがいきなり枯れるということなのです。


枯れる

ではどうせぇと言うのじゃ?

ふむふむ
だから秋植えにするのでございます。

石灰とたい肥は
上からふるのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ラベンダーズENSEMBLEまで
あと5日。

みなさま用意はできましたかな?
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック