構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年11月26日 (木) | 編集 |
もともとが違うのではないかな?

肥料の入った土を使うから
こんなことになるのじゃのぉ。

浅く植えて水を少しずつやればよいのに。

ふんふふん、あほはほんとに考えなしじゃ。


3ばか

3ばか猫はめし抜きとして
答えはそうであってそうでもないのです。

肥料なしの土を使うと
秋植えの苗はまったく成長しないのです。
それならプラグ苗のままで
春まで置いておけばよいのです。


プラグ

浅く植えて倒れないように水をやって
過湿にならないように
少しずつ水をやって管理すれば

うわはははーっ
そんなに甘くはないのじゃ。

根っこがポットの上にしか張らなくなって
春になったらばたんとぶっ倒れるのです。


くしゅん

ははーっ、パタンと倒れるのでございますかぁー。
お、恐れ入りましてございまするぅ。

とにかくめし抜きはお許しくださいませぇー。


石灰

「こんな時には消石灰をふったろう。」

うーん、ついでに
過リン酸石灰をふったらどうなるのか
もう一度試してやろうかのぉーっ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

遠い昔に過リン酸石灰で
おいしい目と痛い目にあったおっさんは

もう一度検証するために
またまたやってしまうのでありました。
このお話はまた今度くわしくやります。

今回は消石灰のお話を。




スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック