構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年12月15日 (火) | 編集 |
ラベンダーの栽培方法
それもおかむらさきの栽培方法。

よりによって香川県での栽培方法。

そんなものをずーっと書いておるのです。


田んぼ

秘密など何にもないのです。

見たこと、やったこと
失敗したこと、たまに成功したこと
それだけがあるのです。

だから
そんなことを隠したら
何にも書くことがなくなるのです。

それにね


枯れた

栽培技術というやつは
今ではない昔に

ここではないどこかで
誰かが「こうかな」とやってみたら

たまたま成功したひとつの例なのです。
いつもいつも
うまく行くとは限らない

そもそも
それをもう一度再現することさえ
人の力では不可能なのです。


枯れた株

そんなめんどくさいものを大事に持っていると
それに縛られて
身動きできなくなるのです。

栽培技術などというものは
ただの勘違いだと思えば良いのです。

さっさと忘れて次へ進めば良いのです。

ということで


石灰ふり

私はなんでも書き飛ばしておるのです。

そうしたら
それは誰もが知っていることになるのです。

石灰ふりがグローバルスタンダードになれば
面白いでしょうなぁ。


ヒドコート

それに
いちど書いてしまえば
すべては自分の手から離れてゆくのです。

離れてしまえば
私はまた
何か新しいことを考えたくなるのです。

天の邪鬼はそれが楽しい
だから
私には秘密など何もないのです。


過リン酸石灰

栽培技術とはただの情報です。

「これを知ったから大丈夫。」
などということは
絶対にないのです。

情報は発信された時から
すでにもう過去のものなのです。

明日になれば
「石灰なんかふる奴はあほじゃ。」と
私は吠えているかも知れません。

さて
そういうわけで
おかむらさきに過リン酸石灰をふってみたら

あの日の「あれ」が


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

あの日に
底が丸見えの底なし沼は避けましようと
逃げていたおっさんは

今度は自分から片足突っ込んでみるのでした。


みーしゃさま
その黄色はチッソがうまく切れた色です。
良くできました。
そのまま赤黒くなれば問題なしでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック