構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年12月24日 (木) | 編集 |

2009年12月末のこと。

今回は山のくぬぎの木を
切り倒しに帰ってきたのです。

中山間地に住む者たちにとって
草とか樹木とかは

共存する仲間であり
戦う相手でもあるのです。


クヌギ

大きな樹木は大きな影を作ります。
道路も民家も暗くして

人が住めない空間にしてしまうのです。

だから
実家の母たちの生存権をかけて
「うりゃーっ。」と
切り倒してゆくのであります。


切る

うわはははーっ。
振動で手がじんじんするぞぉ。

握力が無くなってきて
そろそろ腰が痛いぞ。

チャンソーオイルで服がべたべたじゃあ。
あぁ、おもろいのぉーっ。


雪

ものすごい風か吹いて
こな雪が真横に飛んでおる。

木を切るには寒くて良い日じゃ。
うりゃーっ行けーっ。

こんな大変な思いをしても
たまに「チェンソー使い」になるというのは
なかなか良いのです。


りゅうのひげ

いくら
ハウスでラベンダーを育てていても

本物の土とは(地面、地球かな)
直接触れてはいないのです。

だから
たまに実家の山で
長靴の底に
地球を感じると楽しいのです。


南天

人の力とは
ほんとに微々たるものですねぇ。

自然はこんなに鮮やかな色を
「おっさん、勉強せぇよ。」
そう言って遠慮せずに見せてくれます。

こんな青も赤も
私の力では出せません。

悔し楽しい発見が
まだこの年になってあるということが
面白くて面白くて。

まだまだ知らんことは多いぞ。


シイタケ

くぬぎもなかなか面白いですなぁ。

しいたけ君がそろそろお目覚めかな。
ここから生えるか? ふーん。


海

帰りの海も
やっぱりびゅんぴゅん風が吹いて
(瀬戸大橋がよく見えること)


フェリー

まだまだやることは多いぞと
海の女神が言うておるようです。

よしっ。
とりあえず、よしっ。
やりまっせ、何ぼでもやりまっせぇ。


つづく かな?
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
くぬぎ・・
欲しいなぁ・・。

でも、遠くからもらわなくても、うちにもたくさんあるなぁ。

なんて・・。呟いてみました。
2009/12/24(Thu) 20:58 | URL  | はりこ #FPjZBiPg[ 編集]
おっさん凄いとこにお生まれだったんですね。

確かに道はクネクネ最後は徒歩でした。
そんなご苦労があるとは存じませんでした。
私もそんな山の中で暮らしてみたいです。
2009/12/24(Thu) 22:31 | URL  | 101 #8jjQQGkw[ 編集]
なんじゃとぉう
101くん
君の家の裏山は
ここよりも険しいと思うのだが
目の錯覚かな?

はりこさん
山の木を切るのはおもろいでぇ。
それにね
実家にはキノコのプロがおるのです。
なめこのでっかいのは
おいしいのであります。

2009/12/25(Fri) 18:32 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック