構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年04月02日 (金) | 編集 |
私はしつこいことにかけては自信があるのです。

迷わずゆけよ、ゆけばわかると
背中を押してもですな

手ぶらで裸足で走り出せば
三歩でつまづき、あっという間に迷うのです。

行くなら行くで
やることはやってから行きましょうね。

今回はそんなお話です。
今の私なら最低限ここまではやっておこうかなと。


どんごろす

どんごろすを使うのなら
中身はその場所の土でもよいのです。

近くに竹でもあれば
燃やして灰と炭を作って混ぜればよいのです。

全体の一割くらいにしておきましょう。


地面

納屋の跡地で耕していない
水はけは良いということですな。

とりあえず有機石灰をふりまいて


厚さ

水が溜まらないということは
乾燥に注意ということで

どんごろすは10センチくらいの厚さでよいでしょう。
ちょうどポットの土が収まります。

苗を植える数日前前に作って
たっぷりの水をかけて落ち着かせておきます。


穴

そうすればこんな穴が開けられます。

乾いた土に植えるのは禁物。
ポット苗にも水をかけてから植えるように。

根が直接硬い地面(どんごろす経由)に接すると
ストレスが生じます。

これが大切なところで
植物はストレスで丈夫になるのです。

岩を砕く松の根も
ど根性なんとかも
根が強いストレスを受けての結果なのです。

トマトをポットのまま植えるというのも
これなのでしょうなぁ。


ペットボトル

それから
とにかく株もとをマルチして乾燥を防ぎ

夏用のペットボトルを用意して


水

植え付け水をかけます。

これでもかというくらい
二週間はいらんというくらいはかけましょう。

これもストレスとなります。
最初は過湿ストレスで
徐々に乾燥して行きます。

最後は乾燥ストレスです。

これで根が水を求めて
硬い地面に向かいます。

そういうことで水やりの目安は
どんごろすの下が乾いたら。
まず必要ありません。


雨よけ3

ここからは雨避けです。

晴れたら外して紫外線を浴びせて
とにかく長時間濡れ続けていることを防ぎます。

そして


オーソサイド

南国ではオーソサイドだけは必要でしょう。

リドミルMZもあると治療ができます。
どちらも高くも危険でもありません。

使わなければそれでよし。
保険として持っておくと
いざという時すぐに間に合います。

じょうろとバケツも必要ですな。


ここまで

これでここまで持っていきます。

ここから先はまた違うお話。
花が咲かないのはやっぱりおもしろくないのです。

ここは頭を切り替えて
最初から二番花を狙って咲かせますかな。

詳細はまた今度。
とりあえず今回は植えてもせん定しないように。

やったことはないけれど
それしか方法はないと思うのです。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

らるさま
明日あたりホームセンターへ行くのでしょうね。

私ならこのくらいの用意をします。
ご参考までに。

ローズマリアさまのブログからすると
おかむらさきの今現在の適温は
雪の下なのですねぇ。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
教えておっさん
101さんの田んぼと育て方がなぜ違うの?
たとえば雨よけの傘とか剪定はしなくてよいとか。植えた時期が違うから?それとも外気温の違いから?
2010/04/02(Fri) 23:03 | URL  | プラモデラーV #-[ 編集]
Re: 教えておっさん
半年前に植えた苗は
田んぼの土が落ち着いているので
雨が降ってもドロドロにはなりません。

葉も茎も冬を越して
カチカチになっているので
病気にも抵抗力があるのです。

なにより根が先行して伸びているので
高い気温でも地上部が徒長することがない。

せん定がとっくに終わっているので
新芽の数が多い。
ということは全体がなんべんなく伸びるので
ひゅんと伸びて倒れる心配が無い。

秋植えにしようと言うのには
こんなわけがあるのです。

あくまでも瀬戸内のお話。

こんなものでいかが。


2010/04/04(Sun) 11:50 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
行ってきました
行ってきました。
ホームセンターから100円ショップまで

問題発生です
保水剤…ってのがどこにもないのですが…結構必要ですね~

有機石灰はどのくらいでもよろしいか?

明日は雨の予報です
ドンゴロス準備しま~す
2010/04/04(Sun) 12:36 | URL  | miu446 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック