構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年01月22日 (木) | 編集 |
水を切らさない
草を刈る
草を取る

7月はこうして過ぎてゆき、いよいよ真夏を迎える。


これは7月

7月の田んぼ

そして8月

8月の田んぼ

つくづく田んぼというものはすごい。

先人が何十年もかけて
地力を高めてきた結果が
この色なのだろう。

とても無チッソで出発したとは思えない。


8月の田んぼ2

石灰がよく効いて
かたく締まった株になった。


8月の田んぼ4

まるでローズマリーのよう
紫外線と水と石灰と田んぼの地力で
大きくなった。


8月の田んぼ5

ヒドコートはまた咲いている。

8月の田んぼ6

日中は蝉の声
夜はカエルの声

今から思えば
2006年の夏は
まだまだ涼しい夏でした。


つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック