構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年05月15日 (土) | 編集 |
偉そうに「前向きな勘違い」
などと書いたので

ラベンダーの本を読み返しておったのです。

「ふんふん、そうかそうか。」
今となってわかることも多いのです。

あの日には読み飛ばしておったか
理解が出来なかったことたち。

そして
私はとんでもないことに気がついたのであります。

「おおおっ、そうであったか。」


表紙

むずかしいことを書くと
あほのくせに何を言うと叱られそうなのです。

そういうわけで
ふんふんと読んでも、何気なく勘違いしてしまうこと。
そこだけを抜き出してと


本

「乾燥気味に管理する」

これは基本ではないか、何が文句があるのじゃ。

うーん、文句は無いのですが
ほんとにそうやっておるかというと

「乾燥させて管理」しておるような気がするのです。

サボテンとは違うのでございます。

乾燥気味ならよいけれど
乾燥させてはいかんのではないかなと。

乾かせてしまったら、そりゃあ枯れまっせ。
大きくもならんでしょう。


本2

「斜面」

これもよく聞くのです。

私の所では瀬戸内の花崗岩の斜面ですな。

水はけはものすごく良くて
保水性も何もあったものではありません。

真夏のカンカン照りは恐ろしいですなぁ。

斜面に植えるにはそれなりの気候と土質
そういうことでございます。


本3

そしてはたと気がついたこと。

2002年初版、そうかあの頃は
まだ春は春らしく、夏はもっとおだやかであったわ。

北海道のローズマリア様のブログからも
ラベンダーの開花の時期が早まっておると。

そうなのです。

この本が出版された2002年頃。
この国はまだまだ気候が穏やかであったのです。

私は「昔の穏やかな時間」のラベンダーを
手本としようとしておったのです。


おかむらさき

この花でさえ2008年のこと。
もう2年も過ぎたのです。

今のこの国はもうあの頃の気候ではありません。

北海道が日本一の米作地帯になると
8年前に誰が確信しておったか。

数年後にはセミの鳴く北海道かも
瀬戸内は亜熱帯でスコールかものぉ。

そういうことではないでしょうか。

私の信条「諸行無常」
世の中は常に動いておるのです。

目の前のラベンダーをご覧なされ。
それだけが本当のこと。

私が言いたいことは
ただそれだけでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

うぅーっ
あ、あわもり

泡盛のブラックコーヒー割はうまいのぉ。
赤ワインはもうやめじゃ。

夏は沖縄の夢に酔うておれば
私は幸せなのでございまーす。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
穂先が・・・
今日は、かなり温度が上がり2時頃には穂先を下にして苦しそうにしていたのですが、日がかげると又立ち上がりました。夕方200CC位水をやりましたが遮光は早すぎですか?おっさん
2010/05/16(Sun) 22:05 | URL  | プラモデラーV #-[ 編集]
Re: 穂先が・・・
ふんふん
水がぜんぜん足りまへんな。

さっさと有機石灰をふって
10リットル単位で水をやるように。

長い穂先はぶった切って
株もとにどんどん草マルチ

遮光は梅雨が過ぎてから
まだまだ先のことです。
2010/05/17(Mon) 18:11 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
了解しました
今日も昨日と同じなので水遣りを十分にしました。線香の臭いのするおかむらさきが、出来そうです。
2010/05/17(Mon) 20:13 | URL  | プラモデラーV #-[ 編集]
なるほどなぁ・・・と
こんにちは。
こちらに住んでいると、そうそう帰国もできないので、
一般的には3年毎という人が多いのですが。。。
ここのところ、帰国する度に日本が熱帯湿潤気候化している
との声が多いのです。
こちらの乾燥した空気に慣れたせいだろう、なんて
話していたのですが、本当に熱帯化していたのですね。
もう、冬にしか帰れないかもしれない。
でも、こちらには防寒具というものがない!!!
2010/05/18(Tue) 14:13 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
Re: なるほどなぁ・・・と
ようこそ

私が感じているのは
「地球温暖化」などという

CO2がどうしたの話ではないようです。

これって
「高知県の気候が香川県になって」

少しずつ地軸が移動しておるのではないのかなと。

だから北の端が少し南にずれて
暖かくなっておるのではないかなと。

これってパクリなのですがね
チベット仏教の偉いお人が
本に書いておりましたわ。

私はそれだと思うのです。
やはり天の邪鬼じゃ。
2010/05/18(Tue) 20:02 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
こんにちは。
なるほど、乾燥ぎみというのは、乾燥させるのとは違うんですね。
確かにそうだ!と思いました。
夏場に、完全に水が切れたら、一日で枯れそうです。
2010/05/21(Fri) 05:25 | URL  | かのよん #e6mArcUg[ 編集]
Re: タイトルなし
サボテンとかセダムとか
ほんとに水を切る植物があるので

乾燥気味という言葉に
人は過剰反応してしまうのですな。

それとも本を編集するためには
「絶対に乾燥させ切らないけれど
 いつもいつも濡れているのもまずい」

などとは書けないので
乾燥気味にと書いてあるのかも知れませんな。

2010/05/22(Sat) 18:25 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック