構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年05月18日 (火) | 編集 |
花が「咲く」のに必要なことが

もう一つあるような気がしておるのです。

「ぶぁっかたれが、またそんなことをぬかすのか。」

そう言われてもしかたないような
お話が残っておるのです。


根

ラベンダーはこんなになったら
ほっといても咲くのです。

こんなとは?


詰まる

うーん
根っこが詰まる

詰まって行き場がなくなったら
どんな花でも咲こうとするのです。

あとは水とチッソを切ってと。

そんなことを考えなくても
根がぐるぐるまわったら

水は切れまくるのであります。

それをやれと言うのかな?

まぁそういうことじゃ。
花は咲いてなんぼということじゃのぉ。


ねこ

「あほの言うことですじゃ。
ほれ、このとおり 勘弁してくれませい。」

「めんどくさいだけではないのかな?」

またたびの葉をかじりながら
何をぬかす、逃げ腰コンビが。


まつばぎく

一年に一度だけ咲く
松葉菊しかり


あお

ローズマリーくんは
植え替えしなければ

9cmポットだろうが
15cmポットだろうが
毎年咲きまくるのです。

夏にせん定しなければ
花芽がものすごくつくのです。

どちらもポットが変形するほど
根っこがぐるぐる巻きなのです。

「植え替えしましょう。」
本にそう書いてあっても

花が見たければ無視しておればよいのです。


みこみこ

「おっ、またたび見っけ。」

「そんなことして、来年枯れんのか?」

桜やつつじが毎年枯れておるのなら
私も少しは考えましよう。

花とはそういうものです。

人がどうのこうのやっても
自らが咲くべき時に咲くのです。

私たちはただ見せてもらうだけ
そう思っていればよいのであります。


きがむけばまたつづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

書きたいことは書いたのか?

おぅ、今のところはこんなもので許してやるわい。

また何か思い出したらのぉ
そんときはよろしく。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
断腸の思いで
今日穂先を切りました。残った茎はまだ柔らかく伸びる穂先の重さに耐えられそうになく良い判断だったと思います。でもちょっと残念・・・切った穂先はマルチに。これで良いのねおっさん。
2010/05/18(Tue) 21:56 | URL  | プラモデラーV #-[ 編集]
Re: 断腸の思いで
何ぼでも切ったらええのです。

どうせ長い花穂は
最悪のタイミングで倒れます。

そして
切ったら切ったで
「成長」のスイッチがぐぐんと入るのです。

来週にはわかります。
たぶん。
2010/05/19(Wed) 19:33 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック