構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年06月06日 (日) | 編集 |
三日見ぬまのおかむらさき

2010年6月6日
昨日の最高気温は軽く30℃を越えて

本日も乾燥注意報の讃岐でございます。

今年も花穂はぐんぐん伸びて
ここからの二週間は年に一度の

ラベンダータイム

今回は悠長にアンサンブルなどと
フランス語で言うておる場合ではないのです。

ラベンダーズ、アセンブレ(集合せよ)!
見逃すことなく時を追いかけるのです。

毎日、毎時間
その花穂が色を変えて
むせるような香りがあなたを待っております。


列
上

午後からは
101くんがレディコンバインと偵察にきた模様。

そうそう、花が咲く過程がよいのです。
 
完全開花までのその途中の過程こそが
いちばん彼女たちが香り立つ時間なのです。

今年は水を切らさんから
おかむらさきがピンと立っておるわ。

風呂場の灰もよく効いて
自分で言うのもあれだけど
ほんによく出来ましたこと。


リチャード
赤

ラバンジン組は今年はまだまだのようです。

遅れていたブラシの木も咲き始めて
青いラベンダータイムの開会を

真っ赤な金宝樹が高らかに宣言するのです。

「よっしゃーっ、さぁ行こうぜぇっ。」


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック