構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年06月15日 (火) | 編集 |
まだ何かあるんか?

あらいでかっ。
何ぼでもあるけれど、いっぱい書いても覚えられん。

これだけ覚えといたら
何にでも使えるということを。


ねござ

なんじゃ、またまたわけのわからんものを。

これはダイソーさんでも売っておる
「寝ござ」でございます。

夏になったら
涼しいところに敷いて昼寝するやつですな。

これを花穂の摘み取りに持って行くのです。

「途中で昼寝するんか。」

いえいえ
これが役に立つのですわ、ほんまに。


切り方

これを切ってどこに置く?

ふんふん、株の上かな。それは正解。

ではそれを
どうやってバラバラにならんように運ぶ?

新聞紙をたくさん持っていくかな?
そりゃ風で飛びまっせ。

外は風が吹いておるもの
さっさとせんと乾いてしまいます。

ということで
「ござ」が活躍するのです。

一番安いのはみーむんが知っておるはず。
これを一枚もっておれば
車に運ぶにも積むにもらくちんらくちん。

田んぼから運び出す
きちんと持って帰る
そこまでは考えておきましょう。

手ぶらで出かければ
自動車の中がめちゃくちゃになるだけでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これは全部
かつて私が失敗して困ったことたち。

知っておれば何でもないのです。

最後はもちろん
梅雨時のこと、雨が降ったらどうするのかというお話

花は咲き切り、雨はやまない
どうしましょね。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック