構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年06月30日 (水) | 編集 |
ということで
ラウンドアップマックスロードを買ってきて

100倍に薄めてやね
畜圧式の散布機で草にふりかけると
一週間もしたら枯れるのです。

そんなことは猫でも知っておる
問題はそのあとなのです。


道

枯れた草は干からびて
地面がむき出しとなります。

高温と乾燥
日当たり良好ということで

次に生えるのは
キク科の草となんとか芝ばっかりとなるのです。

たぶん土も酸性になっておるのでしょう。
何回も除草剤を使うと
同じ草ばかり生えていませんか?

「消石灰ふったらええのやないかな。」

除草剤かけたら後から消石灰もふる

地面を強アルカリにしたら
草の種も発芽しにくかろう

酸性の土も少しは中和されよう
と思うのですがね。

ハウスの中とかでこれをやると
酸性大好きのなめくじは減りますな。


マックスロード

ラウンドアップの希釈倍率は
一年生雑草で100倍

多年生雑草で50倍、竹なら原液そのまま

これらのことは全部裏面に書いてあります。


2ピペット

それでは書いていないことを。

これをやね
200倍にしたら
500倍では、1000倍ではどうかな。

濃くしたらよく効くと
思いこんではいませんか?

薄いのはそれなりに
いろいろとおもしろいことがあるのです。

「そんなあほみたいなことは誰もせんわい。」

するのですな、これが。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そろそろとんでもないお話に入ります。

全部嘘かも知れんと、心してお読みください。

それからぼちぼち
10000人目に誰かが当たります。

「私でーす」というコメントが
100人いても気にしません。

ありがたいことでございますねぇ。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
まさに、ウチにこのラウンドアップがあります。
そして、「濃い方が効く」と思っていて、結構濃い目で使っていました。
濃い方が効くわけじゃないんですね。
2010/06/30(Wed) 20:04 | URL  | かのよん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック