構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年07月16日 (金) | 編集 |
酸性の土壌に集まるものは何?

それはあなたの大好きな
なめくじ、てかたつむりなのです。

雨が降ると、夜になると

あなたが大事に育てている
「野菜」とか「花」とかを
集団で食い散らかしてくれます。

酸性土壌で
チッソもよく効いた畑は
「虫」たちのよい食堂となります。

芋虫の類から
飛んできて食うやつらから
何でも来ますな。

24時間バイキング方式ですな。

「なんじゃとぉーっ、農薬使うぞ、こらっ。」

ふんふん、使えば
しばらくは何とかなります。

でもね
農薬はボルドーとか以外は
全部「酸性」なのですわ。

「またまた、酸性の土になってゆく。」


石灰

石灰をふるというのは

畑を耕すたびに「消石灰」というのは

これの矯正なのでしょうな。

除草剤をかける
土が酸性となる
酸性を矯正する
消石灰をふる

だからそんなことをしないために

「ラベンダーの株もとには除草剤をかけない。」
というのがよいと思うのです。

ラベンダーの株もとは
最初から最後まで
「アルカリ性」にしておけばよいのです。

たぶん。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ほーら
とんでもないお話となりましたわ。

それにしてもカメラがないというのは
不便でございますなぁ。

そろそろまとめますかな。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック