構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年07月26日 (月) | 編集 |
しばらく連絡がないと思っていたら

やっぱりそういうことでした。

長崎ラベンダーが
かつて私が経験したように

次々と枯れているようです。


8月

こんな感じかな?
これは2008年の私の実家の田んぼの8月。

例の硫酸マグネシウム云々のやつ。


2008年6月

6月の時点ではこの程度でありました。

これから学んだことはたくさんあります。

「最初から全速で行くと必ず途中でばてる」

植えてから花の咲くまでは、ほぼふた月

人が
「花を咲かすこと」に全力を出すと
必ずこんなことになります。


101の2

これは現在の101の田んぼのおかむらさき。

株の中はこんなに蒸れております。

私が
「咲かしたらええやん。」と言うて
「やっぱりもう切ろ。」とやったあれです。


真上

上のほうはまだまだ元気

消石灰と日除けと田んぼの水で
がんばっております。

ここから下葉が全部枯れて
新しい新芽が出るようなら大丈夫。


2010年の新芽

これは今年の私の実家

新芽はまだまだ小さくて
ちょっと手を抜くと全滅するのですが

秋から活躍するのは
間違いなく彼らなのです。

「これを枯らさないように」


2009年8月

枯らさんようにと言うたってなぁ

ふんふん、この写真はね
去年の8月に撮った同じ株なのです。

こんなになっていても
治るものは治る
枯れるものは枯れるのです。


オーソサイド

まずは農薬「オーソサイド」をかけてと

あとは石灰ふったり
灰をふったり
水を入れたりしてと


灰をふる

それから先は
なるようになるのです。

最初のチッソ肥料が多ければ
途中でパタンと倒れます。

そしたら次からは
無チッソで出発すればよいのです。

石灰降る回数を増やしたり
灰をふる回数を増やしたり
花という花を全部摘み取ったり

みーしゃさま
そういうことでございます。

今の方法でダメなら
私や101がいろいろやっていることを
ひと通りやってみればよいのです。

自分が先頭に立ってやっていることが
どんどんダメになるというのは
心が折れますねぇ。

それでも
あきらめない素人だけがプロになるのです。

まだまだあなたは百の単位
万の単位で枯らした奴もおるのです。

さぁて
やり直しの始まり始まり

みなさまも応援よろしく。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

2008年8月

2008年のあの夏に
ラベンダーを全部枯らしてから
このお話は始まったのです。

本日は枯らした写真ばっかり

それを撮って残しておくのは
なかなか勇気のいることなのですわ。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
指宿も似たような感じで・・・・
葉っぱが少しずつなくなっていって
株がスカスカになってます。
毎日恐る恐る株を観察しております。
2010/07/27(Tue) 20:37 | URL  | らる #raqqV65k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック