構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年09月20日 (月) | 編集 |
温度

真夏が過ぎたので
ハウスの日除けを取った途端に

「今年で一番暑いやないの」

それがハウスの宿命として
にゃんこ共ども立ち向かうのです。

長崎ラベンダーの危機に

ダニ攻撃に対して
一週間付きっきりでで
でんぷん攻撃の「粘着くん」を二回散布

「ふーん、やれるもんやね」


長崎
長崎2
長崎3

みなさま
これが長崎ラベンダーにやってくるダニです。

この葉っぱのまだら模様が
ハダニが樹液を吸った跡。

これは葉の裏にもっとたくさんあるのです。


4長崎

だからと言うて
それが人に見えるのかといえば

それは顕微鏡でお願いしますわね。
私は葉っぱで判断します。

そんなこんなで
私の眼には「ハダニ見つけたる機能」が付いたようで


レモン グラス

レモングラスもそうやね

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーもやな

かたばみ

どれがハダニか知りたければ
カタバミの葉っぱを見るとよろし。

これが最初の感染源となるようです。


ローズマリー

もちろん
ローズマリーもぐちゃぐちゃにやられます。

ご注意を。


葉

この色と模様が正常な長崎くん。

それはハダニのおらん世界のお話。
もちろんそんな世界は無いのです。
我々が望めるのは


長崎ラベンダー
2長崎ラベンダー

ハダニを撃退できたら見えてくる
新芽の行列に

「うわはははーっ、勝ったでぇ」

ダニにいつまでも
負けっぱなしではいかんのです。

薬は何ぼでもありますが
あり過ぎて使い方がわからんのです。

今日効いても明日はわからない
リサージェンスの世界は
私にはどうすることもできません。

「粘着くんをちゃんと使ったらええんやないの」

ダニの気孔を直接ふさぐという
何回でも使える方法が簡単。

効くというのが恐ろしいほど
効きますが(一時間もすれば全滅のもよう)

それは
窒息というスリーパーホールドのような
かかったらそれまでの必殺技。

あとは
数時間後に孵化するであろう
まだ卵のダニたちに
数日後に散布したらよろし。


みーけ

「そんなかゆくなるようなお話は
 もうええから、眠いんやしぃ。」

みーけくんは朝晩は元気で
昼間はこれですわ。


ちび

「おっさん、ダニには勝ったんか
 そしたら明日が見えてくるのぉ」

おぅ、いつかは勝たんと前には行けんのじゃ。

どうやったかはのぉ


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そして覚えておかなければならないことは

隣接するおかむらさきくん


となり

ダニの気配はまるでなし
だから私は気がつかんかったのです。

それでも真夏の田んぼのど真ん中で
枯れ草のチッソが効いたとしたら…

そこまで考えないと
南国ラベンダーはやっとれんようですわ。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
粘着くんは、効くんですね。
こうして、写真で見せていただくと、効果がよく分かって、とても参考になります。
ウチは、今夏は、コスモスが、ハダニの総攻撃を受け、おかげで他の植物は、ほとんどハダニの被害が出ませんでした。
ハダニも、好き嫌いがあるんですね。
2010/09/21(Tue) 11:00 | URL  | かのよん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こんにちは
「ハダニは目がよく見える」
というわけではないはずですわ。

おそらくはチッソが匂うのでしょう。

今年のような高温で乾燥した真夏は
彼らのためにあったようなものですな。

今度は倍率を確かめて
上手にお使いなさりませ。
2010/09/21(Tue) 20:27 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
こんばんは☆
ウチのローズマリーもやられてますが、
やっぱり好き嫌いがあって、特にマリンブルーが酷く、
葉がくるんとカールしたみたいになって成長も悪いです。
トスカナブルーは全然平気みたい。
丸まっちゃうと、水をかけようにもかかりづらくて困ります。
2010/09/22(Wed) 23:15 | URL  | rosemary #-[ 編集]
ローズマリーにも?
ハダニがつくなんて知りませんでした。
てっきり無敵のローズマリーと思いこんでいましたが
そんなことあるわけないんですよね。

ひたすら水かけーる作戦でラベンダーの葉を洗っています。

どうしても希釈が苦手なので。
ラベンダーの葉を手洗いしています。

でもこの作戦ももう少ししたら出来なくなりますよね?


2010/09/23(Thu) 15:32 | URL  | 園芸初心者 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ローズマリアさま
よく見ておられますなぁ。

マリンブルーくんは
ほんとにくるくるの葉っぱになりますねぇ。

「うーん、切り直しやね」
またやり直しでございます。
2010/09/23(Thu) 20:41 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: ローズマリーにも?
園芸初心者さま
ローズマリーはいろいろなのです。

ローズマリアさまの言われるように
種類によって病気も害虫も
さまざまなのですねぇ。

あなたのフォタブルーくんは
寒いと赤くなるだけで
ダニもうどん粉病も来ないはずです。

粘着くんは恐ろしくはないですよ。
100倍とは100倍以上でよいのです。
知らぬ間に全国区となりましたわ。

メーカーさん
けっこう宣伝してまっせ、わははーっ。
2010/09/23(Thu) 20:49 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
ローズマリア女史ではなくて
おはようございます。たびたび失礼します。

マリンブルーがハダニで丸まっちゃう話をしたのは、
いつか、ローズマリーの過去記事にはじめてコメントした、
通りすがりの「rosemary」という者です。
あれからよく拝見しています。

常連のローズマリアさまとは違います。
紛らわしくて申し訳ありません。

やっぱりちょん切るしかないですか~。
挿し木した子たちがみんなそんな感じなので、
ガッカリなのです。
2010/09/26(Sun) 05:38 | URL  | rosemary #-[ 編集]
Re: ローズマリア女史ではなくて
こんにちは
そうでありましたか

赤いワインが過ぎまして
失礼をいたしましたわ。

これに懲りずにまたおいで下さい。
くるくる巻いたローズマリーの葉は
いつまでたっても治りません。

今ならまだ切っても
少しは伸びるのではないかな。
2010/09/26(Sun) 17:14 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック