構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年10月11日 (月) | 編集 |
セージ満開

ラベンダーの残骸の向こうで
パイナップルセージが巨大化しております。

101ガーデンも最近は進歩しておって


セージの海
草取り

通路はラウンドアップで
株もとはテデトール(手で取る)で

草取りしてありましたわ。

「やればできるんやないの」
春にはトレファノサイドで何とかすればよろし。


花

先週でこれやから
そろそろ満開かの?

心配せんでも霜が降りるまでは
咲き続けますわ。

ほんにセージは手がかからんこと
田んぼの中を歩くと
パイナップルの香りが心地よいのです。


メキシコ

実家のメキシカンブッシュセージも
そろそろ満開でございます。

101くん惜しかったのぉ
今度はどこかに植えたろうぜいっ。


枝

真夏に半分に切ったら
こんなに枝分かれして咲いてくれます。

ひと株で20本ほど花が咲くのは
普通のことですわ。

来年はお試しあれ。


ラベンダーセージ

ラベンダーセージは
春から咲き続けております。

これも手がかからん子やなぁ。


インフォルクラータ

ふふふ
心配せんでもインフォルクラータが
レモンバームの中を突き切って
大きくなっておるわ。

これが咲けば101ガーデンも
「ほほぅ」となりますわい。

今年は無理でも来年はがんばれいっ。


彼岸花

今年も彼岸花は10月咲きでございます。
2007年は11月だったわ。

遅れようが何だろうが
秋は進んでおるのです。

そろそろ動かんと
みなさんが心配するのですが

今度はとんでもないことを
やる準備を
静かに企んでおるのです。

とにもかくにも
セージは何の心配もいらんのです。

ほわーんとしたければ
南国ではセージがお勧めじゃ。

植えておけばそれでよし。
大きくしたければ
肥料を少しだけやればよし。

たくさんの花が欲しければ
真夏に半分に切ればよし。

サルビアと言えば
よくわかるかも?

セージとサルビアは
ほとんど同じ(くわしくは少し違う)

水の心配もほとんどいりませんわ。
植えといて良かったわぁー

ほんまにそう思います。

つくづく思うのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック