構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年12月30日 (木) | 編集 |
最後はやはり

大規模農家を育てて
国際競争力を云々のお話やね。

企業家になれいっ
競争力をつけろ

すばらしい品質の農作物を育てて
どんどん輸出すればええんやないの

規模拡大をして効率のよい生産
それこそが
日本の農業の生き残る道やでぇ


ふんふん
確かにそうでありましょう。

文句をつけてもしょうがない

バナナも小麦も何もかも
諸外国の農産物は
あれもこれもそうなっておるわ。

アグリビジネスは
最も優秀な企業家がやる仕事だと
なんかの本で読んだような気もするし。

「それ」になれとおっしゃるのですな。

たくさんの人を使い(仕事を作り雇用を増やし)
ビジネスとして
世界へ羽ばたいてゆけいっ

自動車や精密機械のように
胸を張って世界を相手にせいと

そうおっしゃるのでしょうなぁ。

うんうん
それは
ひとにぎりの才能ある若者に託しましょう。

私は失格でございますわ。

何というても
一度は会社組織に身を置いて
十年近くやってみたのですが

「うわっ、組織はやっぱり性に合わん」

上司になって人を使うよりも
職人になって全部自分でやりたいと

どうせなら誰もやらんことをやろうと
南国のラベンダー使いを
こそっとやってとおるのですから。

「農業」は
社会の逃げ場所ではないけれど
会社に染まれない者たちに残された

最後の砦としても存在しておるはずです。
(漁業も林業もそうかも知れん)

それさえもが
会社となってしまっては
私のような天の邪鬼たちは
どこへ行けというのかなと。

私はどちらかというと
ひきこもりですわ。

部屋の中ではありません
田んぼかハウスにいつもおるのです。

ラベンダーと猫しかおらんでも
何ともなし

むしろ心地よいのです。

全部自分の責任で
代わりは誰もいなくても

風邪ひいて休んだら
当然のように全滅するとしても

ひとりでやって行きたいのでございます。

農業とは
無から有を作り出すことのできる(様な気がする)

唯一の仕事であって

およそ人の力よりも
自然の力を頼りとする

わからないことだらけの世界。

その場所に身を置いて
「ああでもない、こうでもない」と
考え続けていたいのです。

売り上げ目標を立てて
「みんなでがんばろー」

資本主義の世界では
誰もがそれを当然のことと
がんばっておるのですが

どうせがんばるのなら
私はここで

独りでがんばっていたいと
勝手に思う歳の瀬でございます。

今年のたわ言はこれでおしまい


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

それでは今年はこれまで

みなさまもよいお年を
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
今年もお世話になりました。皆様よいお年をお迎えください。
素晴らしいご意見を拝聴(いや拝読)させていただきました。

そうだと思う。農業に限らず何でも同じ。

時代と共に変わっていかないと残れない。

変わっていく中で、どれが正しいというものもない。

それが進化なんでしょうけど。

さあ進化していきましょ。



2010/12/30(Thu) 16:57 | URL  | 101 #mQop/nM.[ 編集]
お世話になりました
せっかくの苗もむだにしてしまいましたが・・。来年は絶対に成功したいっ!!よろしくお願いします。

ビジネスとして農業をすると、なにか忘れていくような気がしてしょうがありませんが、それもまた生きる糧なのですからそんな職業もアリなのかもしれませんね。
私は荒れた田畑をどうにかできれば・・と思うのですが、なかなかできません。罰あたりですかね・・。

良い年をお迎えくださいね。
2010/12/30(Thu) 23:55 | URL  | はりこ #FPjZBiPg[ 編集]
おつかれさま。
おっさんからいただいたおかむらさきも枯れてしまい隣に植えたラバンジンがすごい勢いでおかむらさきのいた場所まで覆い隠すようになりました。これが現実なのでしょうか。おっさんはこんな現実をいくつも乗り越えてきたのですね。ラベンダーズのみなさん、よいお年をお迎えください。
2010/12/31(Fri) 21:55 | URL  | むはむとぷらも #-[ 編集]
あけまして、おめでとうございます。
14時間遅れて新年を迎えました。

権威の欲望という言葉がありますね。
「お上」は、自分たちが支配できるものを無限に増やしたいという欲望を持っています。それが、実在しないものでも、決して手放さないのです。とにかく殖やしたいのです。いろいろな選択肢がある、ということが事実であろうが認めないでしょう。

なかなか大変な時代ですが、なんとか元気にやっていかなければなりませんね。。。
皆様にとって、よい年になりますように、祈っております。
2011/01/02(Sun) 11:29 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
Re: あけまして、おめでとうございます。
みなさま
暖かいお言葉をありがとうございました。

普通に生活していると
考えなくてよいことも
たまには自分の頭で納得しておきたいのですわ。

便利は楽しいけれど
裏返せばもの凄く怖いこと

「食べ物を買う方法は知っていても
 食べ物を育てる方法は知らない」

かつてはそれが「恥」であったのです。
少なくとも
昭和の中山間地では恥ずかしいことだったのです。

本当は今の時代でも
それは恥ずかしいことなのではないでしょうかね。

日本人たちは
本当はそれを
何となく感じているのかも知れませんなぁ。
2011/01/04(Tue) 18:05 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
同感です。同感です。同感です。
なかなか自分のブログでは書けないことで
すっとするというか、ほっとしています。
毎日農業記録賞、うちも出ましたよ。
北信越大会に出ましたが、そこで終了でした。
毎日どうしたらいいんだろう?と考える日々ですが、
急速に、農業に脚光が浴びている今日も、また怖い感じがしています。
2011/01/05(Wed) 10:37 | URL  | とむそうや #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック