構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年01月07日 (金) | 編集 |
私があんまり興味がないものだから

何にも書かないけれど
ラバンジンもちゃんとそこにはあるのです。

インプレスパープルとディリーディリーを残して
リチャードグレイは抜きましたけどね。

もう3年目なので
大きくなりまして株もとがスカスカ

ここはせん定やな
それも生きるか死ぬかの
もの凄いやつをやったろ。


勝手に思い込んで晩秋に切ったのが…


ラバンジン

これですわ。

全体の9割くらいばさばさと切って
「枯れたら今度からは注意すればよし」

もうラバンジンはできると
わかってしまったのですわ。

それなら誰かが育てればよろし。

私はイングリッシュの
一番めんどくさいのをやらせてもらいましょ。


列

これが枯れたら
せん定は失敗ということで
「ふんふん、なるほどのぉ」

枯れなかったらまる儲けということで
ますますラバンジンを切りまくってやろうと

恐ろしいことを企むのでございます。

誰かがはっきりさせとかないと
「私のところのラバンジン
 どんどん伸びてどうすればよいのじゃー」

そう思って
それでも枯れるのが恐ろしくて
何にもできずに
ただ困っているラベンダーズがおるはずですわ。

うわははははーっ
おっさんが限界をみせたるわい

ここまでやったら枯れますと
誰かが試してみたらええんですわ

だったら
当然のように私がやりましょ。

今回は植えてから約3年目のラバンジン
80cmはあったかな。

株もとから10cmにぶった切って
「どうなるのかは知りまへんでぇ」

春になったらわかります
生き残っていたらご参考に。

もちろん
肥料なんぞはやりません。
有機石灰をぶぁさぶぁさっと…

カリはどうでもよいような気がしますな

ラバンジンの栄養吸収力は
イングリッシュの比ではないことでしょう。

それなら田んぼの地下に眠る
カリもリン酸も吸いまくっておるはず

やってみたらわかるわい
ということで
やってみました。

うわっ
読んでおるあなたのほうが
心配しておるかもしれませんなぁ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

北米大陸の寒い地方のラベンダーは
たこ足であると

青騎士さまが
ご自分のブログで世界に発表しております。

あぁ今夜は何ぼ飲んだらええんやろねぇ

やっててよかった
私はおっさんラベンダー

四国の中山間地で
北海道のおかむらさきを
どう考えても無理やりに育てようとしておる

天の邪鬼でございます。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
目からウロコです。
すごい剪定ですね。
春になるのが楽しみです。
なんとうちは過保護なのでしょう。
一株ずつ縛っておりました。
2011/01/08(Sat) 11:17 | URL  | とむそうや #-[ 編集]
こんにちは。
もう見つかってしまったのですね(笑)。
ちなみに、こちらの夏は連日40℃の高温多湿状態になります。
先のSDでは、ラベンダーと言えば、スパニツシュかラバンデン。
イングリッシュは2品種しか育ちませんでしたが、こちらでは
イングリッシュのみです。
さすがに、ニューイングランドと呼ばれるだけのことはありますね。
2011/01/08(Sat) 12:47 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
ご無沙汰していま~す。

やっぱり、土が見えるっていいですね!
当地は、連日の大雪でラベンダーどころか雪が高い壁となっています^^
とてもじゃないけど、土のあった毎日を思い出せないくらい(苦笑)

雪の布団をかぶった植物達と一緒に、冬眠したい~~。

では、今年もご活躍、楽しみにしていますね♪よろしくお願いしま~す。
2011/01/09(Sun) 18:18 | URL  | ローズmaria #-[ 編集]
Re: タイトルなし
とむそうやさま
強せん定は強い枝が出るのです。

だから
うまくいけばすごいことになるし
失敗したら枯れますわ。

30cmは試したことがあるので
今回はこれでございます。

アメリカの青騎士さま

ほんまに元気がでましたわ、ありがとうございました。

ろーずまりあさま

北海道は寒いことでありましょう。

西日本ではこの寒風の中
それでもハウスに草が生えるのです

真冬に草抜き、うぅっめんどくさいこと。


2011/01/11(Tue) 19:44 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック