構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年03月10日 (木) | 編集 |
3月になってハウスの中は春でございます。

たこ足にして土蜘蛛固めにして
それを最近解き放った彼らは

「春やで、立て立つんだジョー」と
言うたか言わんかったか知らんけれど…


たこあし

とにかく立っております。

枝の途中の新芽も上を向いて
今のところはよしよし。


上

この角度のまま
この新芽の間隔のまま

花穂が立ちあがったら
それはおもろいことでしょうねぇ。

山の中の田んぼで
街のど真ん中で
たこ足おかむらさきは面白くなってきたようです。


おかむらさき

たこ足でないおかむらさきも
そろそろ色付いてきたようで

うーん、こいつらも押さえつけてみようか
不可能ではないわね。


大鉢
ななめ

こんなのをいっぱい作ったら
どこかの街角を飾れるかも知れんなぁと

いつかほんとにやってやろうぜと

おっさんは心に誓うのでございます。

「今年の花がちゃんと咲いたらやで」


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

この株の大きさなら100や200本は
花穂が立つはず

20ポットも並べたら
街の真ん中で摘み取りができるやないの

そんなことを考えておると
なかなか楽しいのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック