構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年04月25日 (月) | 編集 |
消石灰と硫酸カリを同比率で
思いっきり食わせてやった胡瓜苗と

カキ殻の有機石灰を
これまた思いっきり食わせてやった胡瓜苗くん


両方

左が消石灰組 右が有機石灰組

さすがに一週間も経過すると
いろいろと違いが出て来ますわ。


差

消石灰組くんが
まだ枯れていないという現実が

カリは石灰と拮抗するということを
語っているのでしょう。

それでも
葉はもうぼろぼろ
やはり水分を吸収できていないようです。

有機石灰組くんは
「ふーん、何でもないで」と
普通に育っているようです。

君は普通ではないのです
胡瓜のくせに水切れしないことしないこと。


葉の

2日くらいは「ほったらかし」でも
葉っぱはピカピカしておりますわ。


しわしわ

消石灰組くんは
そろそろ危ない状況です。

葉がふにゃふにゃになりまして
4月の日差しがきついと言うておるようです。


茎

それでも今回はここがやられていない様子

茎はまだまだ元気なのです。
何やろね、この現象は?

うーん
また明日やな


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック