構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年05月30日 (月) | 編集 |
大雨の後に晴天となって
ついでに強風が残っていたりすると
植物はだいたいこうなります。



とりあえずふにゃっと…
最近伸びたところがへなへなとなります。



この花穂がものすごく濡れると
青が色落ちして白くなってしまいますのでご注意を。

ラベンダーの色は水に溶けるのですわ。
香りはどうやら油性のようで
雨で抜けては行かないようです。

「うーん、花穂が曲がった」
やっぱりおかむらさきは手強いのぉ。




おかむらさきの弱点はいろいろあるのですが

栽培がむずかしいことの前に
「これのどこがええのん」と
現物に触れたことのないお人が
普通にそう思うことでしょうなぁ。

ヒドコートのような鮮やかな花でもなし
花と花の間がどんどん広くなって行く
のっぺりとした淡い紫の花

何よりも
ブログではその香りが伝わらないのです。
おかむらさきはその香りがすべてなのですわ。

「それはどんな匂いなん?」
うーん、それはやな
ストエカスはスパイスの効いた何とか料理の匂い
ラバンジンは鼻にツーンとくるカンファーの匂いやとすると

イングリッシュラベンダーは
「ラベンダーってこんな感じの匂いやろなぁ」とあなたが思う
その想像通りの匂いでございまして

おかむらさきは
その中で一番よい香りがすると思えばよろし。

そして何よりも
その花穂を乾燥させたポプリが
ほかのラベンダーでは考えられないほど
長く長く香り続けるのですが

それもまたブログでは伝わらないのですわ。

ということで
何か本気で考えないといかん…



今度はエッセンシャル版を読んでおります。
以前に読んだ記憶があるような無いような
とにかく読んでおりますわ。



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
こんにちは。
我が家のラベンダーの穂も昨日は
こうべをたれてしまっていましたが
今日は元気になりました。

最近は強風の日が続いており
ラベンダーの本には強風は良くないと
書いてあったので少し心配です。
2011/05/31(Tue) 11:56 | URL  | しーば #-[ 編集]
なぜおかむらさきなのか、ということがわかってすっきり、
というか、ほっとした感じです。
今度はラベンダーとの出会い、おかむらさきとの出会い
などが知れるといいのですが、もしよければご紹介下さい。
2011/06/01(Wed) 10:31 | URL  | herbtomsawyer #-[ 編集]
Re: お久しぶりです
ようこそ
しーばさま

おかむらさきの花穂は
他の品種よりも曲がりやすいようで
ピンと立つには低い気温が必要なようです。

それを望んでもしかたないので
せめて雨避けしておるのでございます。
2011/06/01(Wed) 19:41 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそnewcomerさま
(おっさんなのでむずかしいスペルと小さな字が読めんのですわ)

私がラベンダーと出会ったのは
現代農業にも書いたように
日清製油(現在はオイリオ)さんとの契約栽培から。

おかむらさきと出会ったのは
見学かてらたまたま行った
岡山県郊外の「まきばの館」。

雨の中で咲くそのラベンダー
「おぉっ、この匂いは何や」
そこで買ったひと株の9センチポットから
すべては始まるのでございますわ。

私が今まで買ったおかむらさきはそれだけ。
そこからここまで来ようとは
自分でも信じられませんわ、ほんまにね。

2011/06/01(Wed) 19:57 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック