構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年06月20日 (月) | 編集 |
6年の歳月は無駄ではなかったのです。

無駄ではなかったけれど
それがすべてでもなかった

やはり遥かなり、おかむらさき
これで完結やと思った途端に
「ふふん、そうはいかんで」

この花の色は何やの?
これが有機石灰栽培の色
いやいや
消石灰の「土間のたたき」か

「私はもう全部知っとるで」と
余裕をかましていたら

その花は新しい顔を見せてしまいましたわ。
「これはいかん」
またまた
全部最初から考え始めねばならんわ。

もしもこれが
本当の色であり、本当の香りであるのならば

「道場おかむらさき」どころではないのかも知れない。
知れないけれどやることはやるのですけどね。

おかげさまで
あの宿題は簡単に解けてしまいました。
おかむらさきととロイヤルパープルの見分け方のお話
そんなもん
一目瞭然、ぜんぜん違うやないのと言うことでした。

ホームページ版にも載せたのですが
これが今年のおかむらさき
そしてロイヤルパープルでございます。




これが今年のおかむらさき
私の知っているものとは全然違ったのでございます。
あぁ恐ろしや、石灰のパワー、それともカリかな。



そしてロイヤルパープルくんはこうです。
これが意味するものはただの品種の違いではない

ラベンターの育て方というものがあるとして

そのカテゴリーの中にイングリッシュラベンダーの育て方
そういうものがあるとしますわな。

今年のこれはさらに先
イングリッシュラベンダーの育て方のその中に
おかむらさきだけに通用する育て方があるということ

そうでなくてはこれほど開花期が揃わないということは
考えられないのでございます。

有機石灰とかりで
リン酸の力を封印するとこうなってしまう
これはいったい何やの?

おかむらさき、やはり遥かなり
それでも追いかけるに価値ある花なり。

いまだその真理は見えず
新しいその姿にわくわくする自分に
驚いておるおっさんでございます。

さぁ行こう
ほんとに誰も知らない南国ラベンダーの世界へ
いざっ。



つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ブログとホームページをどう区別しようかと
いろいろと考えておったのです。

「うーん、どちらも同じではいかんやろ」
ということで

ブログにはあくまでもくどくどと
最新の情報と気になったことを

ホームページにはあくまでも分かりやすく
初めてのお人にもとっつきやすい内容を
ついでに
ブログに載せ切れなかった写真たちを

書いて行こうと思うのですわ。

そういうことですので
なにとぞよろしく。

ちなみに道場おかむらさきは
ほとんど園芸をやったこともないお人に向けて
書き始めようと狙っております。
香川県でおかむらさきを咲かせる方法HP版
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック