構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年07月22日 (金) | 編集 |
何も心配はいらない
この娘はとにかく環境に負けない、ほんまに。



今年の彼女はとにかく強い
あの高温も豪雨も関係なし。

とっくの昔に雨よけを取っ払われて
それでもまったく蒸れた形跡が無いのです。



硬い新芽は真上を向いて



タコ足は「樹木」となりました。



それから伸びる芽たちは
きちんと並んで真上を向き



おっさん、これとこれは要らんで
切っといてくれい。

何やとぉ
心配せんでも残った葉たちで
ちゃんと光合成はしますがなぁ
 などと言うておるのですわ。



一番可能性が低いと思っていたのです。

都会のど真ん中で「宅地」にどんごろす
植えもせずにただ置いておく。

ペットボトルに有機石灰とカリ
全面雨よけにタコ足のせん定。

どうやらこれが
南国のおかむらさきにとっては
一番良い方法らしいのです。

よしっ
これを始めますわ。
今度は東京だろうが大阪だろうが
沖縄でもいけるやろ

熱帯夜の続く最高気温が35℃強のこの町で
こうして育っているのです。

道場おかむらさきは
基本的には都会のど真ん中仕様で
始めたいと思うのでございます。

そろそろ苗もできましたわ



本気の皆様
そろそろ始めます。

ほんとは苗が失敗したらどうしようと心配しておったのですわ。
何とかなりました
それではそろそろ始めます。
(基本的にはホームページでごそごそしますのでよろしく)

何か書いたらこのあたりでリンクの通知をします。


つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

まずはこの苗の履歴と紹介から。

人がやらないことから始めないと
伝えたいことが伝わらないというのが
よーく分かったこの数年でございます。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック