構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年07月26日 (火) | 編集 |
真夏の挿し木はむずかしいのです。
じめじめしたある夜
予防もせずにぼけーっとしていたら



疫病が突然「輪」を書きます。
丸く丸く枯れて行きます。



24時間もほおっておくとこうなります。

「うわっ」と思ってももう遅い
オーソサイドかリドミルMZで対処しておけば
ふた株くらいで止まっていたはずですわ。



これは上から来る病気なのです。
水をかけると広がると思えば間違いなし。

夏は暑いのでどうしても水をかける
たまたま曇りのままだと
濡れたまま夜が来て病気が広がる
それがこの間の台風の夜でした。

「うーん、まぁそんなこともあるわい」
こんなことには慣れっこやで。



挿し木した日が数日ずれるだけで
病気が全く出ないものなのですわ。

今回はちょうど発根したばっかりの奴がやられたようやな。



鉢上げした日がそんな日だと
同じようにまとめて枯れてくれますわ。



うーん、これは最初から
根がちょっとしか無かったようやね。

溺れたようです。



うわっ、こいつは昨日までなんとも無かったはず



明日にはご臨終です。

これは地上ギリギリのところが
疫病にやられました、枯れ方でわかりますわ。



おおっ、これは主枝がやられた後で
おっさんが農薬撒布して生き残り
側枝が伸びたというわけやね。



それでこいつは
病気になりかけたところで農薬が効いて
「立ち直りましたで」とすくすくと伸びたら

主枝の半分が修復不可能となっていたようで
元気に大きくなったばかりに
その重さで倒れたようです。

これも明日には枯れます。



ということで
真夏は挿し木も鉢上げもむずかしいのです。

ほんとにむずかしいのです。
この苗は10日もあれば発根します。

だからと言うてさっさと鉢上げしたら
あっという間に上記のようになります。

この季節には
私はプラグから鉢上げまでに
60日くらいかけるようにしていますわ。

それだけ待てば
根がぐるぐる巻きとなり
葉がカチカチとなるからです。

さて
高知の「おだ」さま
このように
ラベンダーは発根したからといって
すぐに植えてはいけません。

根が伸びて太くなって
茶色の太い主根(白いのはまだ子供)から
枝根がたくさん伸びた頃
「うーん、ぼちぼち植えようかな」

春か秋ならそろそろ植え頃ですが
今の季節は秋まで待ちましょう。

植える土はとにかくチッソ肥料が無いこと
水はけが悪くないこと
(ものすごく水はけが良いのはやめときましょう)

最近これがええんやないかなと思うのは
ホームセンターで売っている
「挿し木の土」
これなら水はけよくて肥料分無し。

たぶんピートモスが多いので
赤玉土を適当に混ぜたらえんやないかなと
ちょっと試してやろうかなと思っていたのです。

道場おかむらさきで
きちんと書き直す予定ですが
「もう植えましたぁ」と言われたら困るので
ご参考までに。

みなさま
ぼけーっとしていたら
ラベンダーはこうしてすぐに枯れます。
南国ではこれが当然のこと
こんなことに負けてはいけません。

ほんまに。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今回はお仕事のお話です。

ラバンジンを真夏に挿し木して
鉢上げもするというのは
普通に考えたら「無理」

在庫が無いというのは
めんどくさいことが増えるのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
懇切丁寧にありがとうございます。

あと50日ほど生かす自信はないのですが、まあ適当にやってますので・・・。
農薬は良くわからないのですが、カリと石灰も撒いてみます。
2011/07/27(Wed) 01:51 | URL  | おだ #-[ 編集]
こんにちは。
「輪を描く光景」懐かしいですね。よくやりました(汗)
挿し木なので、昔は出たら諦めて燃やしていましたね。
温室の外ではあまり出なかったと記憶しています。夏には、
よく出るんで、挿し木は冬限定にしました。発根は遅いですが、
ほとんど失敗しませんからね。商業的にはお勧め出来
かねる方法ですけどね。
2011/07/27(Wed) 12:43 | URL  | Laceyblue #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こんにちは
おださま

農薬が必要なのは
基本的に今やっていることが「無理」だからです。

おかむらさきに限り
その必要が無いように
いろいろとやっております。

ラベンダーの仕事は仕事として
おかむらさきだけは「生き方」のお話だと
認識しておりますわ。
2011/07/27(Wed) 20:21 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ青騎士様

これが何のことで
どれだけ悔しいのかが分かるお人は
なかなかいないのですわ。

救われますなぁ、ほんまに。

若者たちよ
これが現実やけれど
おっさんたちはこうやって乗り越えて来たんやで。

2011/07/27(Wed) 20:25 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック