構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年10月27日 (木) | 編集 |
ローズマリーの品種は多いけれど
地面を這う品種はあまりないのです。

その中でも
濃い青色の花はさらに希少
それを
全然せん定しないで
一年ほど密集して育てると




こうなります。

70~80センチの一本立ち
「何やこれは、不良品やな」
園芸店ではそう呼ばれる苗が出来上がります。

ふふん、これはやね



この一節ずつに短い枝が伸びて
もうすぐ花が咲くのですわ。

西日本では
ローズマリーが真冬でも咲いています。
そして
この枝を自分の好みで仕立てると



アーチが出来る
生垣が出来る
それから何が出来そうかのぉ?

このような無せん定の
長い枝のままだと
この先を予想するのが簡単なのです。

この枝の先はここで止めて
花はこんな風に咲かそうかな
(地面と平行に伸ばした枝から伸びる新芽は
真上に伸びて全部同じ長さとなるのです)

それを利用すると
例えば1メートル間隔で植えて
それぞれを地面に平行に伸ばすと
5本も植えれば
来年には立派な生垣となりますで。

クリスマス用として
何かそれらしい形に
アルミ線で形を作っておけば
冬になれば青い花がそこに咲きます。

こんなの売ってませんわねぇ。
売ってないというか
そもそも栽培もしてもらえない
ローズマリーは3~4本仕立てと決まっている。
それが
面白くも何ともないという理由

「うわっ、そう来たんかぁーっ」
店頭でそうつぶやいてみたいのは
私の勝手な思い込みなのでしょうか。
まぁ
そういうたわいもないお話でございます。

この苗がご所望でしたら
メールフォームからおいで下さい。
500本くらいなら在庫ありですわ。

続くかも知れない


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


何本かの支柱を立てて
地表から20センチくらいに
ローズマリーを水平に仕立てると
生垣が出来るような気がする

どこかでやってやろうと思うのですが
どこかが無い現在でございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
暖かい地方では、いろいろ遊べるローズマリーです。
南カリフォルニアでは30cm(1フィート)の高さに半立性の品種を連ねて植えて、
ボックス状に切りそろえた生垣をよく作っています。
ニュージーランドのオークランドでは、2mほどの立性の生垣を作っていました。
どちらも真冬に青い花が満開になって見事です。
2011/10/29(Sat) 12:00 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ青騎士様
ローズマリーはいくらでも大きくなるので
何でも出来そうですなぁ。

私は仕事がら
ローズマリーの匂いで
くしゃみばっかりしておりますので
生垣を自分でやれと言われれば
「ごめんなさい」と
逃げて行くおっさんでございます。

これを食べる人は
すごいなぁと感心するのでございますわ。
2011/10/31(Mon) 20:17 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック