構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年11月09日 (水) | 編集 |
さすがにこれだけ大きな鉢となると
その土の総重量が
人がもちあげられるかどうか
そのぎりぎりの範囲となりますわ。



やると決めたらとことんやる
まずは土から…



今回は肥料があることが
致命傷となりかねないので
ここは「残土」枯れた苗の土が主役となりまして



いつものように
ここに「マサ土」を同量ぶぁさぶぁさと
ぶっかけて



混ぜる



ぐちゃぐちゃに混ぜて



やっぱり有機石灰を全体の30%ほどぶっかけて



さらにぐちゃぐちゃと混ぜる



今回使用する大鉢は
高さが20㎝幅が約50㎝
このままでは水の逃げ場がないので



底に3~4つ大きな穴を開けて



今回はこれを使いました。
全部土にすると必ず「過湿」が待っております。
ここは…



厚さ3㎝の発砲スチロールの板を
根の真下に敷くことにしたのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これがたぶん
一番むずかしいと思います。
そして
これがたぶん
一番楽しいと思いますで。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
興味深い事を発見しました。西海岸のオレゴンには苗屋さんが
たくさんあるのですが、ここは冬に毎日雨が降る冬季湿潤地域。
ここの苗屋さんから送られてくるプラバケツはちょうどこんな風に
底部側面に、さらに、もっと大きな排水口が4~6開いています。
排水の溝も切られています。
そして、底には発泡スチロールの上げ底。
土は粘土主体のものでした。参考になりますかね???
2011/11/10(Thu) 10:19 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ青騎士さま
ふんふん、なるほどでございます。
私がこれを始めたのは
ローズマリーをどうしても
深い深い大鉢に植えなければならなかった時のこと

もしかしたら
どこかで誰かが先にやっているとは
思っておりました。
安心しました
ありがとうございました。

私は何も知らんのです
またいろいろとお教え下さいませ。
2011/11/11(Fri) 19:40 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック