構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年01月17日 (火) | 編集 |
たぶん私は
これを望んでいたのであろう
あの日
これがあの田んぼで
出来ていたとしたら

この初夏には
ゴールじゃゴールじゃと
胸を張って
わめき散らしていたと思うのですわ。

そんな妄想も
さらりと過去に押し流して
今年の冬のおかむらさき

街中どんごろすの
あれからでございます。
2012年、1月中旬。





ほぅ、今年は何本咲くか
新芽が全部で何本あるのか
楽しみなことでございます。




その節間はますます短くなり
その枝はさらに太くなり

チッソ、リン酸肥料はやったことが無い
有機石灰とちょっとのカリだけ
そう言えば
このくらいの古株になると
水やりをやる必要が無いのか
(冬に限る)
去年の10月にやったような
やらなかったような

とにかく
これを待っていたような気がするのです。
街中おかむらさき
3年目の冬、カチカチくん。

そして
これを鉢で再現できれば…
よしよし
春が待ち遠しいのぉ
春よ春よ
待っとけよ、こらっ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そしてどうやら
今回は再現出来たような気がする
この色はそうやろ、うん。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック