構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年01月31日 (火) | 編集 |
2012年1月末でございます。
日本海側に大雪が降ると
瀬戸内海側は
乾燥した冷たい空気が流れ込んで
気温だけがシンシンと下がるのです。

西風もぶんぶん吹きまくり
体寒温度はさらに下がる

のですが…

ハウスの中はまた別のお話



日照時間が長くなり
風が雲を吹き飛ばす

朝から晴天で
ハウスは閉め切っているので
西風はそよとも吹かない

夜明けには氷点下でも



昼前にはこれ
日差しの角度が違うので
12月の太陽とは全然違う

そろそろ日焼けする環境となります。




ローズマリーくんは
もの凄い数の花芽をつけて
わさわさと咲き始めました。




去年ラベンダーズに嫁入りした
15センチポット苗の残りが

どこかで水切れして
こんなになっていたので
ちょっと切ってみます。



ほれっ
ちょっと。





最近は
少しだけ賢くなりまして

これらを確認してから
その上で切るようになりましたわ

立春が近いのです。
真冬と初夏が
一日の中で交差するハウスの中

もうすぐこれが
あなたのおかむらさきにも始まります。

肉眼は信じないほうがよろし
見えないこと、見えないもの

それを見よ
見えなくても何とか見よう
そしたら
何かがちょっとだけ分かります。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

本日の朝は
ハウスの中でも氷点下
昼間には
麦わら帽子に半袖シャツ

それでも風邪はひきません
ハウスにいるのは猫だけなのでございます。
あいつらは裸なのです
負けておれませんわなぁ。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック