構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年02月20日 (月) | 編集 |
そして
今年はもうひとつ
あるものを足して行くのです。

それは…



時間

このまま5月の連休まで
ほったらかしておこうと思います。



ということで
この足ふきマットが活躍するのは
もう少し先のお話となります。

最初の頃は
基本に忠実に
畝立てしたらひと雨当ててから
植え付けをしていたはずなのですが

どこかでめんどくさくなって
畝立てしたら
すぐに植え付けとなっておりました。

それがどうやら
根がびゅんと伸びて水切れしたり
土がすかすかになる理由かも知れん

そうではないかも知れないけれど
今回はこれで行くのです。

時間は良いのです。
何といっても無料でございます。

微生物戦争も
とっくに終結しておりまして
問題は
草が生えるのがめんどくさいだけ
それでもあれやで
早く植え付けても
やっぱり草は生えるのです。

それに
4月植えにすると
遅霜でダメージを受けて
5月植えよりも生育が遅れたりすることが
この地方では
たまにあるのです。

新芽が出てからでも
遅くはありません
去年もやりました
ほんまのことです。



追伸
今年は通路が広いのです。

普通に立って
普通に草を削れる広さ
それでございます。

どこかへつづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

よくよく考えるに
ポットの苗の水管理で
一番難しいのは最初であって
一番簡単なのは大きくなってから

それは根の張り方だと思っていたのですが
もしかしたら
透水性の違いだけでは無いのか

柔らかい土はべしゃべしゃで
硬い土は
すーっと水が抜ける
「水道」が出来ているのだとしたら
うんうん、そうかも知れんわ
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック