構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年03月22日 (木) | 編集 |
101くんは
やはり枯らしたらしいわ

東の谷のみーむんは
「元気でーす」

大阪のおばっち様は
「たぶん元気」

東京の世田谷さまは
「全部元気です」

東南アジアの虎くんは
「また呑もうぜ」

高知の勇者も
枯らしていない

長野かもちぃさまも
「寒すぎて全く変化無ーし」
ブログがそう語っております。

そのうちに鹿児島か宮崎から
「新芽が出たぁっ!」と
連絡が入ることでしょう。

道場おかむらさき
定期連絡のとおりに
「去年の明日」をお届けします。

それでは始まり始まり



2010年4月初旬
3月植え付けの街中おかむらさきです。

この時点では元気なのですが



中旬に枯らしました。
今から考えれば
有機石灰によって
「水分」を取られたのです。
ここから
「カリ」のお話となって行くのですわ

ということで…



2011年3月下旬
今度はカリを足しております。
まだ新芽は出ていない
邪魔な枝を
ここで切った記憶があるような



そして4月10日
3月30日の時点では上記の写真
10日間でこうなりました。

今年は寒いので
少しは遅れるかも知れない
いやいや
寒かった分だけ
早くなるかも知れん

これが「去年の明日」でございます。
枯らしていなければこうなる

2010年は雨で濡らし過ぎて枯らした
2011年はずーっと雨よけ

2010年は有機石灰だけ
2011年は有機石灰+カリ



足ふきマットは必需品のようですわ
保湿と草押さえ
雨のはね返り防止
ダイソーで
100円でございます。

そしてここからは
5月の高温と
柔らかい新芽によって
いきなり水が切れます。

さらには
梅雨が来ます。

その対策としては

雨よけをしながらも
水切れに注意し

長時間のしとしと雨で
何時間も濡らしたままにしない
(風をともなうにわか雨は問題無し)

うーん
写真は撮っておくもんやなぁ
ほんまに、

まずはここまで
さぁ考えよう、何からどうする
ラベンダーズの勇者たち。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック