構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年04月05日 (木) | 編集 |
ダニは恐ろしい
それでも
わさわさし始めるのは
真夏になってからのはず

そのはずであると
思いこんでおりました。

それが昨日
そうではないと
そうではないことを
見てしまったのでございます。

知ったとか
そういうことではなく

この眼でそれを確認し
「ダニが見える眼」となりました

今回は
拡大写真が続きます。

気持ち悪い写真が続きますが
ご容赦ください。



総てはルーペの中に…

拡大しなければ
理解できないことばかり

ダニの世界へようこそ



人が何もしないでも
自力で何とかする株たちは

最先端だけを犠牲にして
枝から新芽を伸ばします。



一年坊主たちには
まだダニが付いていないものもあり



外にあるラバンジンたちも
たぶん
真夏にダニにやられて
このざまとなり



ハウスのおかむらさきたちも
株によって
やられたり、やられなかったり



タコ足も容赦なく
立つ新芽は全部やられて



その下の新芽も犠牲となる



たとえ
新芽がこうして生き残っていても



この下の枯れた葉には
ダニが潜んでいる



最初からたくさんいれば
こうなります。

さて
ダニとはどれか
あなたには見えましたか?



ここにもおります。

だまし絵を見抜いたごとく
私にはもう
それしか見えておりませんわ。



今回は
ピンセットで捕獲できましたので
ご覧に入れます。



これです



ここからは
拡大不可能なのでごめんなさい。

上の先端に
何か色のついた物体が
存在するのが見えますか。

これです。
これが
大量発生して
「水切れのような状態」を
我々に見せる

真夏に見せる
恐るべき幻覚となるのです。



そしてそれは
どうやら「今現在」も存在する

くるくると巻いた葉
ぽつぽつと残る黒点

水切れしたとしか見えない
葉っぱたち
(土は湿っているのでこれ以上水をやると
当然のように過湿となる)

これが
ダニの判別方法でございます。



これは
ダニがいない街中おかむらさきくん



枯れた葉たちは
まっすぐに伸びて枯れている

彼女も去年の真夏には
ダニだらけでございました。

その戦い方なら
私はよく知っております。
それを今やればよい

というよりも
どうして今まで見えなかったのか

ここまでに
15年かかったのかも知れんのぉ

次は対処方法やで
一発で決めまっせ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

夏に枯れるという
ジグソーパズルの
最後のピースが埋まり
底が丸見えの底無し沼は…

いやいや
まだまだやろ、うん。

明日から月曜までいません
実家におります。



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
そうなんですね!
我が家では梅雨になると大発生するので
いつやってくるのか?
と思っていましたが、この時期でもいるんですね。

それが梅雨に増殖するだけなんですね。

あ~そうなんだってわかりました。

もう1回石灰撒いておこうかなって思いました。
ありがとうございました。
2012/04/08(Sun) 15:13 | URL  | 園芸初心者 #-[ 編集]
Re: そうなんですね!
ようこそ
園芸初心者さま

あなたがつぶやいた
「ダニが…」から
ここまで来ました。

感謝します
ありがとうございました。

2012/04/10(Tue) 19:29 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック