構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年03月24日 (火) | 編集 |
もぐらが出るのです。
3年もすると草のマルチで土が肥えて、みみずがいっぱい。
それを食べようともぐらが
ラベンダーの株の下を掘り進みます。

根が切られて、株が持ち上がり
水が切れてラベンダーが枯れるのです。
写真に撮ることができなかったけれど本当です。


それで今度はこれを置きます。

モグラ除け

もぐらよけの風車です。
風の力でガタガタいわせて怖がらせます。

川島の(香川の地名です)しんしんさん(農家の専門店)で売っていました。
ここには年中置いてあるようです。
普通は季節商品なので夏に買うことができます。


もぐら除け2台

2台も置いておけば
もぐらにはかなりうるさいことでしょう。
うまくいけば猪も怖がるかも。

次の日の朝の様子です。
夜のうちに一雨来て株が落ち着きました。
どんごろすは湿っていると本当によいマルチになります。


雨のどんごろす

雨のどんごろす2

これで今度の植え方の話はおしまい。
母の草取りが楽になることだけでも
どんごろすの効果はあるでしょう。

そして
もうひとつやることが残っています。
あの田んぼの片づけです。


つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック