構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年06月07日 (木) | 編集 |
やってはいけない切り方を
私が実践した写真で
ご紹介しましょう。



まずは2008年

巨大な株を
(当時は化成肥料+硫酸マグネシウム+有機石灰)を使用

これでずんずん大きくなりまして

花摘みと同時に
全体を丸く刈り取ったら…



いろいろな要らぬことをしたのと
土と肥料の失敗でこうなりました。

これで土と肥料を舐めてはいかんと
鍛えられたのでございます。



月日は流れて2010年
やり直して一年目

花穂を取るまでは同じ
これを翌年には…



ど真ん中を全部切って



日除けしてみました

すると…



徒長しますわ、うん。

それから
葉っぱが下から枯れ上がります

「うぅっ、蒸れたか」と
換気ばかりに気を使っても



9月にはこうなります

これは病気や、石灰が足りない
そう信じていまうと
他のものは見えません
考えもしない

そして後の祭りとなります。



さらに月日は流れて

2012年6月現在
街中おかむらさきは
おととしも去年も
生き延びたのでございます。

三年前はもの凄い猛暑だった
去年はそこそこに暑かった

これは田んぼと街中の
環境の差であると
胸を張っておったのですが

違いました、全然見当違いのこと



2011年の6月末に
「枝をすかす」「細い枝を間引く」を
やりましたで。

本に書いてあるように
セオリー通りにきちんとやると
後々になって蒸れません。

これを
めんどくさいからと
ぶぁさっと切ると
数倍の数の新芽が出ますな

その時に
土が柔らかふかふかで
チッソ肥料分があって
過有機石灰とカリが足りないと

あるカンカン照りの午後に
突然くたばります。

「それは心配いらんで、おっさん」
毎日きっちり観察しております
というあなた…

ここにもうひとつの罠が…
新芽がきちんと伸びることにより
さらに恐ろしい罠が
待っておるのでございます。

ということで今回は
せん定とはバッサリ切ることだと思うなかれ

間引き、枝すかしは
慣れれば何とかなります
うまく行かなくても
バッサリ切りよりはよい

それは入口に過ぎないので
さっさと通り過ぎて
本当の大問題に立ち向かいましょう。

これが最後の戦いとなります
これを越えたら
笑って過ごせばよい

それほど大事なことなのに
頭でようやく理解できたのが

つい
この間のことでございますわ、わはははーっ。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

岡山香川両県のみなさま

金曜の午後7時
テレビ番組は何をご覧でしょうか?

明日8日放送の
OHK放送「金曜G7」を
ぼーっと眺めていると
何かの告知があるかも知れない
時間が足りなければ
無いかも知れない

本編は来週15日の予定
というか
取材がこの9日ではいかがと
さっき電話が…

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
そうなんです。
そろそろ花穂を摘みたいなぁ(剪定)と
思っていたのですが、
切った途端に枯れる・・・
トラウマ!?があり、剪定出来ずにいたところでした。
(^-^)
2012/06/08(Fri) 13:27 | URL  | らる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ
らるさま

切ったらどうなるのか
それが分かったら何とかなります。

何とかなるのを
ご確認下さいませ

そしてそれを
私に教えてくれますように。
2012/06/11(Mon) 20:37 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック