構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年07月24日 (火) | 編集 |
デニムのマルチを思いついてから
半年ほど経過しましたかなぁ

実際にやってみると
いろいろなことが見えて来ました。

結論から書けば
これは
ドンゴロスを越える

麻の袋よりも
すべてにおいて「勝る」ようでございます。



足ふきマットだけで
本当は行けるのではないかと
思っていたのですが

実際にやってみると
デニムが株を守ってくれている

私が
そうなって欲しいと思うことを
実践してくれております。



叩きつけるような
梅雨の最後の豪雨には

泥が跳ね返るのを
最低限に留めてくれる

その素材ゆえに
土砂降りでも一気に水が流れ込まない

そして
その後のカンカン照りにも
一気に蒸散し尽くすことも無い

少しずつ水を含み
少しずつ水を出して行く

雨の日のジーンズ
太ももあたりの水加減でございましょうか。

これがなかなかできん
ビニールマルチとか
草マルチ、どんごろすとか
ちょっと無理でございますわ。

さすがは国産デニム
ハギレでも恐るべし

そして
梅雨が明け
その潜在能力は
新たな現象を
私に見せつけたのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
組み合わせ
それが実力を出すことは
なかなかありません。

今回は何故か
そんな夢を
この瞬間に見ております。

まだまだ信用などするものか
どんでん返しのその前に
本当のことを本当に見極める

たぶん
これで行けるやろな

それでもやっぱり確かめる

後から続く
若きラベンダーズのためにも
失敗は私が
全部やっておきますで、うん。




スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック