構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年09月25日 (火) | 編集 |


分かる人には分かると思います

VIVのミニタイプ
これを山田博士に

「機動戦士にしてくれい」と
依頼しておりました。



そして完成したのがこれ

今度は
その場で360度回転可能

片手でくるくるやれますで。



この機械の最大の武器は
そのパワーにあります。

肩掛け式の草刈り機を
はるかに凌駕するそのパワーには
びっくりしますが

それをぐいぐいと押して行くのに
少し難がありました。

それは機動性の問題やなぁと
いろいろ考えておりましたが



ここは天才に預けて
全部まかそうと

どうせ私には考えつかない
あの男にまかせれば
何とかしてくれるやろ



そしたら
何とかしてくれました
この上り坂を



上に向けて
どんどん刈れて行く機動力を得て

もちろん
下りは鼻歌でございます。

旋回は片手でくるくる
でこぼこ道も
三点接地のままでらくらく進みますで。



命名は
「VIV改、山田博士仕様」

木工職人のふりをして
ほんとはすごい技を持っております。

私はこれを駆使して
次の「何か」を
見つけに行こうと思うのでございます。

ありがとう、山田博士
次はクリスマスに向けて
何か
面白いものを作る予定だとか

期待しておりますで
感謝しておりますで

とにかく刈れる
振動がほとんど無し
刈り取るスピードが全然違う
それなのに軽い

そして
価格が安い
詳しくはこちらから

VIVエンジニアリング

改造は
こちらで勝手にやっております
その方法は
山田博士しか知りませんので

本気でやりたいお人は
メールフォームからおいで下さい
御相談に乗ります。


続くかもしれない


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

田んぼや畑で
草花を育てる上での
最大の難関は「草取り」

それを克服するための道具として
私はこれを
何とかしようとがんばっておるのです

もう少しで
何かが見えそうなのですが
今はまだ
遠い遠い道の半ば

あきらめることはないけれど
落ち込むことはあるのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
別物に見えます
やっちゃいましたか。
工場長もさぞかしお喜びのことと思います。
ハンドルの左固定の右ぶり、その逆そして両ぶりが自在になったように思います。
ちょっとの傾斜地なら踏ん張れますか。
また使ってみたいです。
2012/09/25(Tue) 19:45 | URL  | みーなぎ #-[ 編集]
Re: 別物に見えます
ようこそみーなぎさま

ほんまに
全くの別物となりました。

改造費は
3ケタらしい

天才は恐ろしいですなぁ

2012/09/26(Wed) 19:46 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
いいですね!
こんにちは。
この草刈り機いいですね!
草刈りにはほんとに悩ませられます。
私は草取りもできないダメダメ人間なんだ・・・
畑とかやる資格ないな・・・
と夏は落ち込みます。
ホームページを見てみたら・・・
価格が掲載されてない・・・(^^;)
2012/09/28(Fri) 14:23 | URL  | まつもちゃん #-[ 編集]
Re: いいですね!
ようこそまつもちゃんさま

この草刈り機は
どうやら外国で売れている割には
日本国内では
そもそも販売している店が少ないようです。

その価格は
販売店にもよりますが
普通の肩掛け式草刈り機並みです。

詳しいことが知りたければ
総社ラベンダーズのみーなぎさまに
コメントで質問するか

VIVのホームページのどこでもよいので
「これって売ってもらえますかぁ、いくらですかぁ」

いきなり質問するか
(けっこう向こうが喜ぶと思います)

もしくは
ホームページ内に
販売店のリストがあるはずなので
自分の住んでいる地方の販売店を探し
こそっと調べに行くか

使い方に関しては
私たちの方が詳しいかも知れません
飛んでくる草の切れはしの
防御さえ完璧なら

鼻唄で倍のスピードでございます。
2012/09/28(Fri) 18:25 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
いつの間にやら博士になっていたので、驚きました。
改造は楽しいので、何でもします。

あと、飛んでくる草等の破片はカバーの形状変更で
何とかなると思います。


 
2012/09/28(Fri) 22:22 | URL  | 木工職人改め木工オヤジ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック