構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年10月11日 (木) | 編集 |
基本は土のうに
デニムのマルチ

下には有機石灰の層があって
雨ざらしで1週間放置



残念ながら
水をぶっかけるというのが
うまく伝わっていなかったようで
穴を掘ったらさらさらでした



こんな時はあわてずに
この穴に水をどどーっと入れる

何をしているのかというと
この土と地面の土の
境界を無くそうと

要するに
地下水とこっち側をひっ付けてしまえ
そうすれば
水は勝手に上がってくる

それをやろうとしておるのです。



園芸農家が芸術的に繰り出す
あの「ふかふか用土」では
地下水は引っ張れない

マサ土が主体の砂のごとき
高密度の土だからこそ
毛細管現象が本番でやれるのでございます。



ここでオルトラン粒剤
この薬は浸透性があるので
散布する場合には

柔らかい葉、力の無い葉

これらには農薬焼けが
待っているようですわ

もろ刃の剣
使うにも度胸と決断が必要でございます。

ただ
その前にちゃんと管理して強く育てておけば
まったく問題無しなのですが。



これは山田博士
なかなか水が引かない土のうに
20分ほど我慢してから
おかむらさきを植えております。



何にもお金も時間もかからないこと

ポットのまま置いてみる
穴の大きさを確かめる

これが後々
乾燥とか水やりとかに
たいへん役立つのです。

私のように毎日植えているのと
生涯で初めて植えるのとでは
全然違います。

ということで
何でも試す、試してから修正する

この
ひと手間をかけて
次のステージへ…

つづく
>

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今度のサードラベンダーズは
修学旅行のちびっ子のごとし

これから始まる
ファースト、セカンドラベンダーズが通ってきた
あの「いばらの道」を

大笑いして通り抜けるのかも知れない
大泣きして座りこむかも知れない

どっちでも来い、来なさい
先輩たちが通ってきた道やで
私も少しだけ進歩したつもり
何とかなるやろ、うん。

そして
ファーストラベンダーズはそろそろ満開の三年目
セカンドラベンダーズは
株が大きく育つ二年目

皆様
ご無沙汰しておりますが
お元気でございましょうか

何年経っても経たずとも
枯れようが枯らすまいが
あなたは大事な同士です

気が向いたら
近況報告をちよこっとお願いします
お待ちしております。





スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
すっきり!
こんばんは。
うちのセンティビアが調子悪い理由がわかりました!
ありがとうございます。
オルトランだったみたいです。
2012/10/11(Thu) 20:54 | URL  | しゃむ #-[ 編集]
Re: すっきり!
ようこそしゃむさま

何事も決めつけるのはよくない
その可能性もあるということにして

自分の観察眼を磨くのですわ

貴方は若いのに
大事なところは見えております
ご立派。
2012/10/13(Sat) 20:37 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック