構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年10月29日 (月) | 編集 |
VIVのデモ機を
一度返すこととなりまして

夜明けを待って
讃岐から備中へ
高速道路を移動です。





午前6時過ぎのアンソニーパーカーセージ

花が終わってもガクが残るので
いつまでも花が咲いているように見えます。



段々畑のおかむらさきたちは




枯れかけた彼女らも
完全復活の気配を見せつつ



枯れかけていない彼女らも
その葉を硬くしつつあります。

冬の色
そろそろ本気のおかむらさきでございます。


そして
来春、いやいや来初夏植えに向けて

ちょっと株を大きくしようと



今から鉢に植えております。

「おっ、私と同じ鉢やないの」
誰かが
今そう言うて笑ったはず

私はこれを苗として使いますので
中身は有機石灰の層と
ほとんどマサ土でございます。

これはまた
日を改めてということで…

本日は
午前7時過ぎに出発して



写真を取る暇も無く
総社に到着、約2時間経過ですわ。



どこに行ってもアンソニーパーカーセージ

これはみーなぎさま編
国道から見えるほどになりました。



そしてもちろん
傘つきのかむらさきくん

枯れてはいない
成長もしない
狙い通りでございます。

本日はそのコースから考えて
瀬戸大橋経由となりました。

フェリー使用なら
もう2時間ほど追加となります。

休日割引に助けられて
2000円以下で到着

VIV機を渡して
任務完了

うーん本日はここまで。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック