構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年11月19日 (月) | 編集 |
2012年11月下旬でございます。



瀬戸内には
高潮注意報が出ております


フェリーのゲートが届かないほどの高潮の海
ゲートの下に詰め物をして
ジェットコースターのように下船です。

そうそう
宇高国道フェリーの休止から数カ月
残った四国フェリーはこれですわ

びっしりと詰め込んで出港でございます
後ろの港をよくご覧下さいませ

トラックと普通車が何台か残っています
積み残しですな
私は出港の20分前に到着して
いちばん最後に乗れました。

遠くの皆様には
ピンとこないお話でしょうが

瀬戸大橋経由なら
高速料金が休日半額
かかる時間も半分

かくいう私も
もの凄く急ぐ場合は
「橋」を利用しますが

いつもはフェリーを使っております
それでやね
大型のトラックはほぼフェリーですわ
バイクも多いな。

何故か?

私が思うに
瀬戸大橋が開通してほぼ四半世紀

昔の普通車は
箱型は少なくて
ほとんどが「流線型」であったのです。

私は最近
「軽自動車」に乗っておるので
「橋」を通るたびに思うのですわ。

「うぅーっ、風が怖いのぉー」
トンネルを越えたら
いきなりの海峡と海風

車体がぶわんと横から叩かれて
ハンドルが取られる

「うーん、冬の橋は恐ろしい」
ということで
私はなるべくフェリーを使う
そんなお人が

たぶん
たくさんいるのでしよう。

景観は凄いけれど
海が丸見え、風で落されそうで怖い

もしも
瀬戸大橋をご利用の時には
天気予報の「風」をご確認されたし
私は何度やっても慣れませぬ。



それでは讃岐編

ますば木工職人の土手から
ジャックくん、出番やで。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック