構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年11月21日 (水) | 編集 |
道産子ラベンダー
讃岐の中山間地で生き延びております。



とんでもない豪雨の予防のため
雨よけは必須条件となります。

この季節は
なかなか乾かないので
とにかく濡らさなければ何とかなる



ここはハウスではないので
新芽がどんどん出るということはなくて



ルーペの中で
それを確認することが出来る



もしくは
地上部近くにちょこっとだけある



新芽の兆候を
無理やりに感じとって

「ほぅ、枯れておらんようやな」と
納得するのでございます。



立派なタコ足になれ
君には素質があるで、うん。







おかむらさき大鉢組も健在
鉢が壊れるほどの重さの土
それが今年の秘密

マサ土主体のこの土が
「枯れないおかむらさき」を育てております。




ど真ん中に植え直した彼女も
もの凄い豪雨の中
野ざらしのままでもこれですわ

今のところはうまく行っておるような。



さて
お次は段々畑へ



アンソニーパーカーセージの上

何やらいろいろと
見えてきたようでございます。

いろいろと…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

こちらはオルトラン一発で
ダニは沈静化のもよう

最低気温が冬並み
朝露がかかる
たぶん天敵が存在する

そんなところでしょうか。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック